熱交換器コイルチューブ脱脂機

熱交換器コイルチューブ脱脂機

熱交換器コイルチューブ脱脂機

2024年3月25日

熱交換器コイルチューブ脱脂機:

この装置は、高温熱風循環を使用して、ラジエーター、蒸発器、コンデンサーコイルチューブの表面の揮発性オイルを脱脂します。

基本パラメータ:
脱脂温度:100-200°C°C (ワークの移動速度とグリースによる).
脱脂前のヒートシンクの油分:~3G/m2(実際のグリース範囲)

Oil content of heat sink after degreasing: < 0.008g/m2 (effect after treatment)
加熱電力:125KW(電力および電圧レギュレーターが出力電力を制御可能)

働き主義:
加熱室は空気を一定の温度に加熱するために使用され、熱風循環ファンは熱風をワークピースに均等に通過させて循環を形成するために使用されます。高温の熱風がワーク表面の揮発油を吹き飛ばして揮発させ、油性の熱風は上部に設置された排気ファンから部屋の外に排出されます。







RETA(NINGBO)  MACHINERY  CO., LTD
ウェブサイト: www.brazing-furnace.com
電子メール: [email protected]